お電話はこちら

障害者雇用創造センター
以前、Adobe Photoshop(以下、フォトショップ)というソフトをご紹介しましたが、
ブログ「フォトショップについて」
今回はAdobe Illustrator(以下、イラストレーター)をご紹介したいと思います。

 
イラストレーターも以前ご紹介した
DTP(デスクトップパブリッシング)という業種やWEBデザインなどで
幅広く使用されるソフトです。
 
 
フォトショップでは「ピクセル」という
点が集まったビットマップ画像(ラスター画像)というもので作業を進め、
拡大した場合ピクセルも大きくなるため画像が荒くなりますが
グラデーションなど微妙な表現ができます。
スマホなどのデジカメ画像がそれに当たります。
 
 
一方今回ご紹介するイラストレーターでは
ベクター画像という方式で作業を進めていきます。
このベクター画像は拡大縮小しても画質等に影響はありません。
しかしグラデーションなど色の微妙な濃淡は表現できません
(グラデーション部はビットマップで表現されます)。
そのためロゴマークイラストなどに適しています。
 
 
 
イラストレーターは文字通りイラストを描くこともできますが、主な用途としては、
誌面、チラシやDM他、WEBサイトなどのレイアウトデザインに使用します。
 
 
白紙のドキュメントの上に、画像やフォント、ロゴ、イラスト、図形などを
配置(レイアウト)し、目標物を作っていきます。
また以上の機能を数十、数百ページで対応し、書籍などを制作する
Adobe In Designというソフトも含め、
以前ご紹介したように印刷デザイン業界は
これらのソフトの登場で劇的に変化しました。
 
 
 
当事業所では独自のテキストを使用し、イラストレーターの基本的なツールの使い方を学び、
フォトショップと連動して様々な紙媒体やWEBバナー制作をデザイン知識も含めて
実務訓練として行っています。