お電話はこちら

I Agree

 

Hello everyone✋

ブログにコミットなITカレッジ愛西スタッフです✨

 

 

一体何を言っているんだ……?というあなたのために❗

今回は、「日本語で言って!」といいたくなるビジネス用語がアジェンダです。

……おっと、議題です😋

 

 

とはいえ、会社の上司や先輩が上記のようなビジネス用語を連発してきたとしても

「日本語で言って!」とはなかなか伝えられませんよね~💦

そしてどんな意味ですか?とも聞きづらい……😥

 

 

なので、もしもそんな場面に遭遇した時のために❗

有名?なビジネス用語をサクッと解説しておきます💪

 

 

 

①アジェンダ

Agenda= 議題、予定、目次

ビジネスシーンでは会議の資料やその目次を表す場面も🤔

「今日のミーティングのアジェンダは~」

 

 

②アグリー

agree= 同意、賛成

日本語で良くね?ビジネス用語 No.1 です😒(※私調べ)

「それについてはアグリーです。」「アグリーできません!」

 

 

③コミット

commitment= 積極的に関わる、注力する、約束する

コミットメントの略語です。結果にコミット✨

「ブログにコミットさせてもらいます!」

 

 

④エビデンス

evidence= 証拠、根拠

もともとは医療において、ある治療法が科学的に効果があることを示す

といった意味合いだったんですが、

ビジネスでは証拠資料といった意味合いが強いです。

議事録やログなど🧐

「エビデンスを残しておけよ」「今日のエビデンスが欲しい」

 

 

⑤コンセンサス

consensus= 合意、意見の一致

アグリーと違ってこちらは全体の同意といった意味合いです😖

「この新企画、他部署とのコンセンサスは得られているのか?」

 

 

 

はい、今回は5つほど紹介させてもらいました❗

 

 

どうですか?別に日本語で言ってもいいんじゃないかと思いませんか❓

コミュニケーションで大事なのは相互理解です。

どちらの方が相手が理解しやすいかを考えて言葉を使うようにしましょう😃

 

 

もちろん海外の方々が多い場面などではどちらかといえば

英語を使ったほうが伝わりやすいってこともありますよね。

 

 

当事業所でも相手への思いやりを持ったコミュニケーションを心がけていきたいですね✨