お電話はこちら

障害者雇用創造センター
IT関連の就職を目指す方が必ずと言っていいほど受験する資格
「基本情報技術者試験」が令和2年10月18日に行われる予定です。
当事業所からも何名か受験される方がみえ、日々勉強に取り組まれています。
 
 
「基本情報技術者試験」とは・・・
Web関係やシステムエンジニア、プログラマーなどの職に従事している方や
これからIT関連職を目指そうと考えている方を対象とし、
IT関連職に必要な基礎知識が問われる内容となっています。
当事業所ではIT関連職を目指される方には
JavaやC言語等のプログラミング言語の勉強と共に
「基本情報技術者試験」の取得をおススメしています!
 
 
もちろんIT関連職を目指す為には、
武器となるプログラミング言語スキル向上や経験年数が重要となります。
しかしIT業界未経験者の方には自分の現状の力をアピールする
重要な資格となりますので、資格取得に力を入れてもらっています。
 
 
2020年春の試験はコロナウイルスの影響により開催が中止となり、
春を目指して勉強を進めていた利用者さんの中には
秋の試験までまた時間ができ、余分に勉強できると考える方や、
同日に行われる上位資格「応用情報技術者試験」の受験を予定していた方は、
9月からIT関連職に就職が決り、今年の秋の試験は見送られました。
今後働きながら資格取得を目指されるようです。
 
 
当事業所としての試験対策としては、
月一回行っているセキュリティ講座の講師の方に試験が近くなると
基本情報技術者試験の対策講座を行っていただいています。
現役システムエンジニアである講師の先生に
プログラミング言語選択問題の過去問を解説していただいたり、
試験に関する質問に答えていただいく等、対策を行っています。
 
 
年々システムエンジニアやプログラマーを目指される方も多くなり、
Webなどの学習教材も増え、学習環境も整備されているなかで、
利用者の方がしっかり合格できるよう、
当事業所としてもサポートしていきたいと思います!🌟