お電話はこちら

障害者雇用創造センター
10月5日(月)に行った事務プログラムを紹介します。
今回の参加者は6名でした。
 
当事業所では、定期的にお客様から依頼された
紙媒体情報を電子データ化する作業を行っております。
 
今回は、
「名刺の束から内容を1枚1枚所定のExcelファイルに入力し、Excelの表にまとめる」
という作業を想定した訓練を行いました。
 
架空の名刺サンプルを20件まで用意して、
時間の許す限り所定のフォーマットに入力してもらいました。
半角・全角のルールや、会社形態(「株式会社」「有限会社」など)を入力する欄など、
入力前にはルールをよく読んでもらいました。
 
 
訓練の様子
障害者雇用創造センター
 
訓練生によってスピードはまちまちで、じっくり入力している人もいれば、
慣れた手つきで進めている人もいました。
30分程度の入力時間のうちに、11件ほど入力し終えた方もいました!
 
障害者雇用創造センター
 
残り10分で各自見直しをしてもらいました。
入力漏れや誤字・脱字など、この段階で入力ミスを見つけていきます。
さすがに全ての入力ミスを一度に見つけるのは困難ですが、
それでも一所懸命に入力・見直しに取り組んでいました。
 
 
特に事務職への就職を考えている方なら、
実際に顧客情報をPC上にデータ化することも考えられますし、
入力作業にはスピードや正確性が問われたりします。
タイピング練習に限らず、ここでの入力作業で経験を積むことも大切なことです。