お電話はこちら

障害者雇用創造センター
こんにちは、今回のブログはまきの木サポートスタッフが担当します☘
 

普段は皆さんとお話をしたり、皆さんが希望する生活に必要なサービスを提供できるように、
計画を作ったりと日々過ごしていますが、
今回は少し普段の業務とは違う話をしたいと思います😃
 
 
必要なサービスを利用するには、
まず地域に利用できるサービス提供事業所がなくてはいけません。
使いたいサービスはあるけど、自分の住んでいる地域には
サービスを提供している事業所がない、利用したいけど使いにくい。
面談をしていると本人さん、ご家族さんからそのようなご意見をいただくことも多いです。
 
 
先日、とある市町村に行き、グループインタビューに参加してきました。
 
 
その市町村に関わりのある相談支援専門員数名が集まり、
感染対策のためリモートでのインタビューでした。
(個人的に初リモートでドキドキしましたっ)
 
 
その地域で、障害のある方がどのように暮らしているのか、
どんな困りごとがあるのかという話から、
災害時の対応についてなど、様々な話が出ました。
 
 
色々な意見が出る中で、共通していたのが、
社会資源、サービスを提供できる事業所の少なさでした。
これは地域によって違いは大きいと思います。
 
 
実際に支援している私たちからの声を届けることで、
少しでも地域の社会資源が充実し、
皆さんが「ここで暮らしていきたい」という場所で
暮らしていけるようになってほしいと思います。
 

 
愛西市、弥富市で事業所を運営していますので、
地域に密着した事業所になっていくためにも、
その地域に何が必要とされているのか知っていくことが大切なことだと思います。
 
 
皆さんもお住まいの地域にどんなサービスがあるのか、
興味が湧いた方は一度調べてみてください。
 
 
堅い話しになってしまいましたが、
皆さん、暑さに負けないように水分、塩分補給などの熱中症対策をしっかりして、
夏を乗り切りましょう!🍧☀️