お電話はこちら

障害者雇用創造センター
オリーブでのレクリエーションを紹介します。

今回は「絵しりとり」をやってみました!🎨
 
 
やったことがある方も多いと思いますが、意外と奥が深いんです…。
何を描くのか、どうしたら伝わるのか考えたり、
この絵は何だろうと推理したり
脳の体操にもなります!
 
(ITカレッジ愛西ではグループ朝礼の後にしりとりをやっています!
四文字以上、ジャンルなど縛りを決めてやっています。
簡単そうに見えて意外とその場では言葉が思いつかないことも…。)
 
 
 
前の人が描いた絵から考えていくと、「あ!わかった!」と
すぐにわかるものもあれば、
いったい何を伝えたいんだろう?と悩んでしまうものも。
答えを聞いて、そこに繋がるのか!と驚きもあり、盛り上がりました!
 
描く絵のチョイスがそれぞれ違っていて、着眼点の違いを感じました。
 
意外な一面の発見ですね!
 
 
 
時間をかけて何を描くか悩む方もいれば、
文章を書くときはいつも時間がかかるけれど、絵だとすぐに描くことができる方がいました。
 
ここでも意外な一面を発見できました!
 
 
 
レクリエーションでは普段と違う一面をたくさん見ることができるので、
職員も楽しみにしています!