お電話はこちら

障害者雇用創造センター
JavaScriptはプログラミング言語の一つで、
主にWebブラウザやWebアプリなどで使われます。
Webページのスライドショーの実装や動画サイトのコメント一覧の読み込み等、
いろんなところで使われています。
 
 
今回は、JavaScriptを使った簡単なプログラムを組んでみました。
 
————————————————————————————
「複数個の数字の集合からいくつかをランダムに選ぶ」プログラムです。
入力フォームに条件を入れて、「入力」ボタンを押します。
 
今回は、1~25の数字の中から5個を選ぶパターンを10個生成します。
(見た目はCSSという別のプログラムを使って整えています。)
————————————————————————————
 

————————————————————————————
結果一覧に10通り表示されました。
————————————————————————————
 

————————————————————————————
少し条件を変えてみます。
抽出する個数を5個から10個に増やし、生成するパターンを5個に減らします。
また、「見出しをつける」にもチェックを入れます。
 
行の左端に「結果1」などの見出しがつきました。
————————————————————————————
 

フォーム送信時の値の受け取り、実際の抽出処理、
処理の分岐や結果の出力にJavaScriptを使っています。
 

  
以上、簡単なサンプル紹介でした。
皆さんも、自分のプログラムを書いてみませんか?